京都府舞鶴市で空き家管理、活用コンサルティング、不動産取引、不動産鑑定なら株式会社北近畿空き家バンク

株式会社北近畿空き家バンク

お問い合わせはこちら

営業時間10:00~18:00

定休日日・祝日

お問い合わせ

ブログ

マイナス入札の衝撃!

昨年(2018年)12月26日に全国初のマイナス入札が成立したと報道がありました。

 

埼玉県深谷市で廃校となった市立小学校の体育館の敷地売却で、落札価格が0円を下回り、市側の支出が伴う「マイナス入札」が全国で初めて成立したとのことです。

これは、体育館の解体費が土地評価額を上回るためで、落札したのは深谷市内の食品加工会社で、落札額はマイナス795万円です。深谷市は落札者に795万円を支払って土地をもらってもらうことになります。

敷地面積は1,506㎡で、落札者が体育館を解体し、用途を住宅に限ると条件をした入札で、予定価格はなんとマイナス1,340万6千円とのことです。

市は分譲住宅ができると10年間の税収で十分取り戻せるとの判断でこのような入札が可能になったのとのことです。地方の住宅地でも建物の解体費用が土地の評価額を上回る現象が数多く起きていますが、個人でもお金を払って空き家をもらってもらうことが出てくるかもしれません。

 

改めてすごい時代になったと思わざるを得ません。