京都府舞鶴市で空き家管理、活用コンサルティング、不動産取引、不動産鑑定なら株式会社北近畿空き家バンク

株式会社北近畿空き家バンク

お問い合わせはこちら

営業時間9:00~18:00

定休日日・祝日

お問い合わせ

ブログ

負動産とはいったい何?

このブログでも結構書いてますが、「負動産」の定義はいったい何なのでしょうか?

 

「負動産」は造語なので、そもそも定義はその時々に変わるものなのでしょうが、ネットで調べると「借りて買い手がつかない」「固定資産税を払い続けなければならない」と所有者が悩む物件という類の説明がされていました。

 

この定義のような物件は農村部など地方には以前からたくさんあったと思います。でも今後、特に問題なのは、マイナス価格の不動産ではないでしょうか?

そこで、私は以下のように考えました。

 

「自用の建物及びその敷地」の類型の不動産において、最有効使用の観点から建物を取り壊すことが妥当と判断される場合において、更地価格から取壊し費用を差し引いた価値がマイナスとなるもの。

 

上記は不動産鑑定士としての表現になりますが、今まではあまり考えてこなかったことが、農村部だけでなく、地方都市の住宅地でも当たり前になりつつあります。舞鶴市のような人口8万人の地方都市の住宅地で実際に見受けられるようになってきました。これから人口が減少していく地域では、土地価格の低下と取壊し費用の増加で一般的になることが容易に想像できます。

 

「自用の建物及びその敷地」でこのような状態ですから、借地権付建物など権利関係が複雑な場合はもっと深刻です。でもここで問題として提起したいのは、今までは少なくとも資産と考えていたものが、実は負債でそれも多くの地域で今後顕在化するからです。

ただでも売りたいとして、早くから対策を講じている方はまだ対応できるかもしれませんが、これからは地方の住宅地でお金を払って土地建物をもらってもらう時代が来るでしょう。

適正な価値をお伝えしても、まだ、頭の中には土地神話が残っているようで、「とりあえずおいておく」と言われる方が多いのが気になります。「貴方の世代で処理しなければ、次の世代が大きな負債を背負うことになりますよ」と言ってもわかってもらえません。老朽化マンションの問題やこのような地方の負動産の問題など、不動産について抜本的な対策を講じていくことが必要な時期が来ています。