京都府舞鶴市で空き家管理、活用コンサルティング、不動産取引、不動産鑑定なら株式会社北近畿空き家バンク

株式会社北近畿空き家バンク

お問い合わせはこちら

営業時間10:00~18:00

定休日日・祝日

お問い合わせ

ブログ

相続登記が義務化されます!

 相続登記を義務化する法改正が2021421日に成立しました。この改正は、2024年を目途に施行される予定です。

 相続登記が義務化には、以下のポイントがあります。

 ・相続登記の義務化・名義変更しない場合の罰則の制定

 ・「相続人申告登記(仮称)」の創設

 ・登記手続きの簡略化

 ・「所有不動産記録証明制度(仮称)」の創設

 ・氏名・住所変更登記の義務化・変更登記をしない場合の罰則の制定

 相続登記については、相続や遺贈(相続人に対する遺贈に限ります)で不動産を取得した者が、自己のために相続の開始があったことを知り、かつ、所有権を取得したことを知った日から3年以内に、相続登記を義務付けられることになります。

 また、法定相続分で登記をし、その後に遺産分割をした場合は、遺産分割で法定相続分を超える所有権を取得した相続人が、遺産分割から3年以内に登記義務を負います。

 この登記義務には、罰則があります。「正当な理由なく」相続登記の申請をしなかった場合は、10万円以下の過料に処せられることになります。

 また、新設された制度として、「相続人申告登記(仮称)」があります。相続登記の義務を負った者が、3ヶ月以内に不動産の所在する法務局に「不動産の相続人」であることを申し出をし、登記官が、職権でその者の氏名や住所などを登記記録に付記することで、登記義務を履行したものとみなします。相続登記が期限内に間に合わない場合は、この制度を利用すればいいことになります。ただし、登記記録上不動産の所有権は相続人に移転してはいないので、遺産分割によって不動産を取得した者は、遺産分割から3年以内に登記をしなければなりません。

 法定相続分で共同相続人により不動産を共有する相続登記がなされた後に、遺産分割などによって不動産の所有権を取得した場合や、相続人に対する遺贈の場合も、持分権や所有権の譲渡人と譲受人との共同申請による所有権移転登記をしなければなりませんでした。そこで、以下の場合は、登記権利者(所有権を取得する者)が単独で申請することを可能にし、登記手続きの簡略化を図ることになります。

 1.遺産の分割の協議・審判・調停による所有権の取得に関する登記

 2.他の相続人の相続の放棄による所有権の取得に関する登記

 3.特定財産承継遺言による所有権の取得に関する登記

 4.相続人が受遺者である遺贈による所有権の取得に関する登記

 

 相続登記が義務化されることに伴い、不動産の登記名義人・その相続人は、法務局で、手数料を支払い、所有する不動産の一覧「所有不動産記録証明書(仮称)」を交付してもらうことができるようになります。

 氏名や法人の名称、住所移転による変更登記も義務化されることになります。こちらは、変更から2年以内に正当な理由なく登記を行わなかった場合に、5万円以下の過料に処せられることになります。