京都府舞鶴市で空き家管理、活用コンサルティング、不動産取引、不動産鑑定なら株式会社北近畿空き家バンク

株式会社北近畿空き家バンク

お問い合わせはこちら

営業時間9:00~18:00

定休日日・祝日

お問い合わせ

業務内容

当社の業務内容をご紹介します

空き家・空き地の管理業務


空き地・空き家の管理はお任せください!


こんな理由で空き家管理にお悩みではありませんか?
高齢者向け住宅、介護施設への入居が決まった
・空き家を持っているが管理する余裕がない
相続したが利用方法が決まっていない
・どんどん朽ち果てていくようで忍びない
ご近所の迷惑なっていないか心配
「特定空き家」に指定されないか心配
空き家の活用を考えたいが、誰に相談すべきかわからない

 

人の住まなくなった家は驚くほどの早さで老朽化が進み、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。また「空き家等対策推進に関する特別措置法」も施行され、所有者による適正な管理が必要となっています。

 

空き家管理サービス内容

①通風・換気 ②通水
③雨漏り確認 ④簡易清掃
⑤建物確認 ⓺ポスト整理
⓻草取り ⓼庭木確認
⓽近隣情報の確認 ⓾近隣問い合わせ初期対応

 

舞鶴、綾部、福知山、宮津エリアの空き家管理なら
月々3,000円~ お手頃価格で安心をお届けします!

 

 

空き家・空き地の活用コンサルティング業務


空き地・空き家の活用コンサルティングはお任せください!


当社の不動産コンサルティングとは、不動産鑑定士が不動産に関する専門家としての豊富な知識や知見を活かし公平かつ客観的な立場から、不動産の活用・取得・処分・管理・事業経営等について依頼されるお客様が最善の選択が行えるように、助言や企画提案する業務です。


当社では、とりわけ空き家の活用について助言や提案を行います。売却、DIY型賃貸借、民泊施設への転用などその物件の特徴を活かした提案をさせていただきます。複雑な案件につきましても、他の専門家(弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、建築士、測量士、不動産・建築関連業者)とのネットワークを活かし連携を図りながら、お客様にとっての最善の企画提案をいたします。


 なお、当社に空き家管理を依頼されているお客様には、活用の助言は無料で行います。


企画提案書を作成する本格的な不動産コンサルティングについては、依頼内容、条件、ボリューム等により、その手順、作業量、責任の程度等が異なるため、それに応じて料金が異なります。
このため、コンサルティング料金は、内容確認後にお見積りを提示いたします。

空き家・相続相談センター


不動産・相続の専門家にお任せください!

 

相続の問題は ⓵財産の把握 ②遺産分割  ③納税  ④節税 に分類されますが、いずれの局面においても 事前に準備をしておくことが肝要です。

当社では、もめない、損をしない相続対策のお手伝いをいたします。

 

将来の相続についてこのようなお悩み不安はありませんか?
・不動産の遺産分割でもめないように準備しておきたい
・共有持分、古アパート、借家、底地等の煩わしい不動産を何とかしたい
・空き家になった実家の管理で困っている

・できることなら不動産を売却したい
・相続税節税のために不動産を活用したい

 

空き家の管理、利活用で悩んでいる。相続で悩んでいる。
どうしたら良いのか分らない?
とお悩みの方は「空き家・相続無料相談」から始めませんか

 

当社では、不動産・相続の専門家が「無料相談」を実施しております。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

ご相談は当社事務所で行います。

 

無料相談の内容(お一人様一時間程度)
・問題点の整理

・ご希望事項の確認
・当社としての解決策の提示・アドバイス
・当社業務を提案する場合には見積書の提示

 

👉「空き家・相続相談センター」チラシ

不動産取引(売買、賃貸借)業務


ご希望の物件が見つかるまで情報を提供いたします!

 

土地・一戸建て・マンション・店舗など数ある物件の中からお客様のご希望やご要望にあった物件をご提案します。
購入の場合は、その方法や時期、プランなども適切なご提案をいたします。
また、貸主様・借主様にもメリットのある新しい形の『DIY型賃貸住宅』を積極的にご提案させていただきます。この賃貸借は借りる方が自由に内装をカスタマイズでき、貸す方もリフォームをする必要性が少なくなり、放置している空き家や賃貸物件の空室など様々な形で再生し活用できます。

また、お買い替えやご売却をお考えの方にも、売却する背景や事情なども考慮して、最適な時期や価格をご提案の上で、幅広いネットワークをもって購入者をお探しいたします。

不動産売却・賃貸相談業務


所有不動産を売却したい方や賃貸したい方、今住んでいる家を売却したい 買い換えたいなどお気軽にご相談ください。専門スタッフがお客さまをサポートし、大切な不動産の資産価値を適正な基準をもとに適正な査定をさせていただきます。

 

空き家の賃貸借は、今後は「DIY型賃貸借」が主流になると考えています。当社では、貸主様の意向を踏まえつつ積極的にDIY型賃貸借を導入します。

 

◆DIY型賃貸借◆ 

空き家は、一年を通して人の出入りがなく電気、ガス、水道の使用がない常態の建築物と定義されています。空家対策の推進に関する特別措置法2条では、空き家は「居住その他の使用がなされていない事が常態である建築物及びその敷地」とされ、以下のような条件で「特定空家」に指定される可能性があります。
   ■特定空家の条件
   ・倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
   ・著しく衛生上有害となるおそれのある状態
   ・著しく景観を損なっている状態
特定空家に指定されると固定資産税が6倍になるなど、優遇措置が適用されなくなるデメリットがあります。また、特定空家に指定されなくとも空き家の状態で放置されると建物の老朽化は著しく進みます。

そこで資産を有効活用していただくべく、当社では「DIY型賃貸借」をおすすめします!
「DIY賃貸借」とは、住む人が自由に内装工事等を行い、自分好みの空間に替えることができる賃貸住宅やそれに関わる契約をいいます。
個人住宅を良好な状態で賃貸するためには、貸主(家主)が必要となる改修や管理・修繕等を行うことが一般的です。しかしながら、貸主には改修費用を独自に負担することは難しいが現状のままであれば貸してもいいというニーズがある一方で、借主(入居者)には自分の好みの 改修を行いたいというニーズも見られます。双方の要望をうまく合致させた方法が、DIY型賃貸借です。
 

DIY型賃貸借貸主のメリット
■ 現在の状態で賃貸でき、修繕の費用や手間がかからない
■ 借主がDIY工事を行うため愛着が生まれ長期入居が 見込まれる
■ 明渡し時に設備・内装等がグレードアップしている


DIY型賃貸借借主のメリット
■ 自分好みの改修ができ、持ち家感覚で居住できる
■ DIY工事費用を負担する分、相場より安く借りられる
■ DIY工事部分は原状回復義務をなしとすることもできる可能性もある

 

ご希望のお客様はお問い合わせフォームもしくはお電話にて承ります。

 

  👉 DIY型賃貸借チラシ